2019.12.18ブログ

第3回西日本営農型情報交換会 ソーラーシェアリングについて考えました。

こんにちは。Kondoです。
昨日は、パナソニックさんのツインタワーにて西日本営農型情報交換会を開催させていただきました。ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

この会は、営農型太陽光発電の普及と農業の推進をメインに考えており、営農型の良さを全国に伝えていきたいと思っております。今回は様々な企業様に参加してもらい、営農型の実績や農業への取り組みを聞かせていただきました。イチゴハウスで使用する電力を太陽光で補うシステムや太陽光発電で遮光することでより良いシイタケが栽培できるシステム、地域の電力をソーラーシェアリングで補う地域循環共生圏などなど様々な実績や案を勉強させていただきました。

今回のテーマは、太陽光発電の制度についてと営農型太陽光発電における制度についての情報共有をさせていただきました。
2020年度の太陽光発電の制度については、まだ正式には公表されていませんが(2019年12月時点)案としてでているのが2020年度は50kw未満の全量売電型は自家消費だけが設備認定可能になる予定です。そのため、野立ての太陽光発電で設備認定取得できません。ただし、営農型は例外として設備認定が可能になりそうです。条件としては10年の一時転用の取得や自立運転付きのパワコン搭載やコンセント等もつけることが前提になりそうです。また、撤去費用の積み立てなども案として出ているそうです。

今後、ますます太陽光発電の設置は厳しくなりますが、エネルギーは必ず必要になるものです。自然のエネルギーが普及し地域が活性化できる事業を続けていきます。

太陽光発電に興味のある方は、マッキンエナジージャパンまでお問い合わせ下さい。