2020.02.18野立て太陽光発電のいろいろ

丹波市山南町高圧発電所 工事完了 架台の設計で金額を10%削減!?

こんにちは。Kondoです。
コロナウイルスで大変です。中国で感染が広まっているため、中国から架台やパネルの搬入が遅れております。もちろん、大変な時期なので仕方ないです。。。

昨年から工事を進めていた案件で、ようやく丹波市山南町の発電所工事が完了しました。
単結晶320Wを1640枚使用して524.8kwの案件です。今回はソーラーシェアリングではありませんが笑

弊社では、費用を最小限に抑えるために、強度を最大に考えて設計に取り組みます。日本全国では4段架台が主流ですが、弊社では5段架台を推奨しております。
理由としては、4段架台でも5段架台でも杭の本数は同じです。4段架台の場合は、杭の本数がkwと同等の本数で、今回の案件であれば530本ほど必要になります。
しかし当社では、同じパネル枚数で架台の設計を変更し5段架台にするだけで、杭の本数が200本近く減り、今回の工事で使用した杭の本数は330本でした。杭打ちの費用も抑えることができますし、架台の費用もかなり抑えることができます。

もちろん杭ピッチが広がる分、縦レールがたわんでしまうので支えのレールを伸ばして設計しております。細かい部分も調整する必要がございますので、設計も弊社にご相談いただければ幸いです。

ソーラーシェアリングに興味のある方はマッキンエナジージャパンまでお問合せお待ちしております!!