2021.09.01各地のソーラーシェアリング

岐阜県でのソーラーシェアリング案件紹介!中津川では栗が有名なようです!

こんにちは。

山口です。

 

以前から業務提携等のお話をさせていただいているお客様より、

「案件実績表が欲しい!」というご要望をいただき、何件か抜粋して資料を作成いたしました。

資料を作成するうえで、私自身が弊社の案件を振り返るよい機会となりました。

せっかくですので、しばらく過去の案件実績紹介をさせていただこうと思います!

 

岐阜県中津川市案件

太陽光発電設置規模はパワコン容量:49.5kWで、パネル容量:57.6kW 3区画となります。

本件は地主様が農地活用を要望されており、発電事業者として太陽光発電設備を設置しました。

地主様が銀行からの融資を受け、初期費用を用意しています。

農業委員会への一時転用申請は、太陽光関係の資料や農業方面の資料等多岐にわたるため、

マッキンエナジーが一括して折衝、交渉、資料提出までを行わせていただいております。

一時転用更新の期間は3年となっており、来年になれば更新手続きが必要となります。

地権者様と発電事業者様が同一のため、本件はスムーズに申請や施工が完了できました。

作物は、最初はネギの栽培をしてましたが、途中から栗の栽培に切り替えました。

中津川では栗が有名なようで、農業委員会への変更申請も地域の実績を提出することで、

スムーズに完了させることができました!

架台は弊社がメーカーと提携して考案したマッキン仕様のものとなっており、遮光率は約55%です。

作物によって設計変更を行いますので、遮光率などは案件によって様々です。

 

現在取り組んでいる案件についても、進捗があり次第ブログにて報告させていただければと思います。

引き続きブログもお楽しみいただきながら、ご興味が少しでもおありでしたら、

ぜひ一度弊社までお問い合わせください!