2021.06.04ブログ

愛知県豊明市ソーラーシェアリング完成しました!!作物は栗

こんにちは。

近藤です。

梅雨明けがこれまでで最も早かったそうですが、晴れてる日が多い気がします。

太陽光発電によっては好都合で嬉しいですが、農家さんはいかがでしょうか。

今月はブログ更新月間ということもあり、3日に1回ブログを更新していきます!

各地にソーラーシェアリングを設置してきましたが、ブログ記事を書くことができなかったので、

これまで設置してきたソーラーシェアリングの情報を共有できればと思います。

 

今回は、昨年10月に完成した愛知県豊明市のソーラーシェアリングです。

ーシステム紹介ー

PV容量:約55kW × 2基

農地面積:700㎡ + 800㎡

遮光率48%、52%

作物:栗

 

こちらはほんとに苦労した案件で、ご依頼いただいてから約2年近くかかってしまった案件です。何回行ったことか数えきれません。

農業委員会へ初めてお伺いしたときに、ソーラーシェアリングの存在自体をしらない方が担当されていたので、ソーラーシェアリングについての説明から始まりました。

愛知県では設置事例も少なく、農業委員会さんもソーラーシェアリングについてマイナスイメージを持たれていることが多く、なかなか前に進みませんでした。

今回作物を栗にしたのも、農家さんが岐阜県中津川市にて栗を栽培されているとのことだったので、経験のある栗に選定しました。

栗は日光を必要としますが、光飽和点はそこまで高くないため遮光率が約50%ほどでも生育可能です。

気温が35%以上だと発芽はほどんどしないため、温暖化で気温が上がりすぎると生育に悪くなります。

そのため、ソーラーシェアリングとの相性は良いのです。

ただし、密植しすぎたり、パネル間を縮めすぎると光不足で徒長するので、光が均等に入ることが大事です。

 

ソーラーシェアリングに興味のある方、設置を検討されている方はマッキンエナジージャパンまでお問合せお待ちしております!!

default